カフェ・テアトル・アビエルトのロゴ

Flash ファイルの再生にはFlashPlayerが必要です。

過去のイベント(2018年)

2018年以前のイベント 2018年開催予定イベント

6月17日(日) 傷口にウォッカを吹きかけろ
フラメンコ公演

うーうーうー
こんなのは痛みなんかじゃない
うーうーうー
そう信じて生きてみたよ
どこか見えない場所に掴み飛ばしたいこの中の叫び
生きてこそ 生きてこそ
愛に変わるのかな


≪踊り≫
松彩果、NOBU、森田志保
≪カンテ(Artista invitada)≫
Ana de los Reyes
開場 17:00 開演 17:30
前売り:8,000円 当日:8,500円
6月10日(日) ガルシア・ロルカ生誕祭120

1936年スペイン内乱の緊張が高まる中で銃殺され、38歳の若さでこの世を去ったスペインの悲劇の詩人、またフラメンコを現代に復興させた功労者である、ガルシア・ロルカの生誕を祝うフラメンコの祭典です。

≪出演≫
(recitado)水野慶子、太田昌国
(piano)工藤冬里
(cante)久保田美佐
(rendimiento)黒田オサム
(guitarra)梶原龍・安部宏
(palma)マカレナ・浜田麻由子・
(baile)フラメンコ舞踊団 Un Granito de Trigo
三宅恭子・金丸奈緒子・土崎直美・二ノ宮友美・恵木奈緒美

開場 17:30 開演 18:00
前売り:3,000円 当日:3,500円(1ドリンク付)
6月3日(日) 花びらは海へ
Live

≪出演≫
成田千絵(チェロ・歌)
幼少からエレクトーンとフルートを始め、1994年チェロに出会う。故・井上頼豊氏に師事。渡印してヨガを学び、心身と音楽がよりリンクするようになり演奏活動を始める。様々なバンドに参加してチェロの可能性を模索したのち、2012年冬にソロをスタート。チェロ弾き語りという未知の世界に描くように音を散りばめて、独自の世界観で物語る。2014年秋に1stアルバム「mani」、2016年秋に2ndアルバム「碧い絵」を発表。感覚と時と場を大切に、様々なアーティストとパフォーマンスを行う。
http://chiecello.com/index.html

中野千春(ダンス)
広島の山間部にある小さなお店HOLOHOLOSTOR店主。 2011年よりフラの世界を覗き見ることになる。フラを通じて自分を超えたところの何かに興味を持ち、その探求に体を使って踊り、生きる。2014年より東北をはじめ、全国各地で鎮魂のフラ「AMENIMOMAKEZU」のワークショップを開催。また、広島の平和公園に集まる祈りの鶴の再生プロジェクト「ALOHA千波鶴プロジェクト」も主催する。

宮原千恵(アート)
広島県在住。油彩画家。主なモチーフは木の根と踊り子。今、一瞬の感情を捉えて記録したい。そのものが持ってる魂や仏を描きたいと制作。油絵、アクリルを主に使用。現在、新協美術会会友。
miyaharachie.main.jp
開場 18:30 開演 9:00
2,000円+1オーダー
(中学生以下無料/要ドリンクオーダー)
6月1日(金) インプロバー vol.17

アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム、川口賢哉
開演:20:00
入場無料+1オーダー
5月15日(火) 泉邦宏 2018 spring live
イズミングひとり交響楽団 広島公演!

カリンバをフィーチャーした新作CD「イズミンゾクの祝祭音楽」を引っさげて、今年の春もやってまいります、泉邦宏。
渋さ知らズにも参加のサックスプレーヤーにして、尺八、パーカッション、ギター弾き語りからエフェクト・ノイズ、しかも時には複数楽器同時演奏、そのすべてが唯一無二の泉邦宏ワールド!誰が呼んだか「全身音楽家」。
さらに今年はピカピカ光り物まで登場する進化形!?いつ聴いても、何度聴いても新しく味わい深い泉邦宏の音楽世界をご満喫ください!
超オススメ!
開演 19:30
2,500円+1ドリンク
5月2日(水)
5月3日(木)
ゴールデン・ウィーク・スペシャル

2日(水)乱葛(Midare-Kazura)DX
ストリップ、舞台、文筆、写真etc.とマルチな才能を発揮する踊り子牧瀬茜と広島のスーパーベーシスト梶山シュウ、そしてアビエルトのカフェマスターでもある大槻オサムによる即興パフォーマンスユニット「乱葛」。
久しぶりのステージはゲスト満載のDX版でお届けします。梶山シュウとのデュオでおなじみ椎名まさ子(ピアノ・ヴォーカル)に、アビエルトから生まれた即興ユニット上八木IBM、牧瀬・大槻とユニット「ちぎれた女」も組む華道家羽鳥智裕を加えてにぎにぎしくやらかしてまいります。


3日(木)しーなとシュウ meets インプロバー vol.16
第16回目を迎えるインプロBARにしーなとシュウがゲスト参加。
前半しーシュのソロLIVEに引き続き、後半は二人を交えての即興セッションです。
セッションは参加自由。ジャンル経験問いません!ふるってご参加ください! もちろんオーディエンスとしてのみの参加もOKです!
両日ともに、開場 19:00 開演 19:30
2日(水)1,500円+1オーダー
3日(木)1,000円+1オーダー
4月27日(金) タンゴの節句2018

アルゼンチンタンゴ・ショー!!
過去5回のブエノスアイレス・ツアーやヨーロッパ公演をえ経て、「踊れるタンゴ」の魅力をますます高めるトリオ・ロス・ファンダンゴス。
今春、そのままのエネルギーをお届けします。
心躍るひとときを、どうぞお楽しみに!


≪出演≫
トリオ・ロス・ファンダンゴス
 ケンジ&リリアナ(DANCE)
 秋元多恵子(PIANO)
 いわつなおこ(ACCORDION)
 谷本仰(VIOLIN)
開場 19:00 開演 19:30
大人 前売り:3,500円 当日:4,000円
子供(小学生~大学生) 前売り:2,000円 当日:2,500円
4月24日(火) インプロバー vol.15

アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
今回の「インプロバー」はダンサーのフィリップ・シェエール氏お迎えして開催します。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム、川口賢哉
≪ゲスト≫ フィリップ・シェエール
開演:20:00
入場無料+1オーダー
4月15日(日) Small Rock'n Time vol.9
-ポレポレ方式復興応援ライブ in Hiroshima City-

広島と福島そうまの地道な交流イベントとして、広島市安佐南区のカフェ・テアトロ アビエルトにて年に2回開催しています。ポレポレ方式のLIVE(出演者が一人500円募金.3曲以内でバトンタッチ)を軸にしながら、写真展、ムービー上映、トーク、料理などを絡めて広島とそうまの交流を図っています。 ※募金は全額、福島そうまを応援しているプロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE.」に役立てていただいています。G

≪出演(順不同)≫
ギターパンダ、久保モリソン、真部健一、PUABAND、withyou、White Line、YOSHIE、吉田生音、THE KAZEASHI、DJ:HYNG

≪同時開催≫
旅するマルシェキャラバン隊「たびAKINAI」による展示販売開催
手作り判子・ハンドメイドアクセサリー・はちみつ関連商品・珈琲・その他セレクトハンドメイド作品の販売


お問い合わせはTHE KAZEASHIまたはアビエルトまで
開場 13:00 開演 16:00(たびAKINAIによる展示販売は13:00~ライブ終了)
料金:入場無料(募金箱を設置しています)要1オーダー
演奏される方は500円の募金をお願いします。
お預かりした募金は、福島県相馬市・南相馬市を支援しているプロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE」に全額寄付いたします。
4月10日(火) two
Dance improvisation

≪出演≫
大槻オサム(身体表現者)
若林美穂(ストリッパー)
谷本仰(ヴァイオリン弾き)
舞台美術で羽鳥智裕(華道家)参加
O.A.は上八木IBM!
開場 19:30 開演 20:00
予約2,800円 当日3,300円 + 要1オーダー
4月4日(水) インプロバー vol.14

アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム、川口賢哉
開演:20:00
入場無料+1オーダー
3月24日(土) 斎藤徹即興ワークショップ
徹の部屋in広島~根を持つこと、羽を持つこと~


斎藤徹さんの経験を元に、「音楽」や「表現」や「生きる」ことを、ともに感じるワークショップ。ジャンルや経験を問わず、どなたでも参加できます。

斎藤徹
東京生まれ。ダンス、舞踏、演劇、美術、映像、詩、書、邦楽、雅楽、能楽、西洋クラシック音楽、現代音楽、アストル・ピアソラなどタンゴ、ジャズ、即興音楽、韓国やアジアのシャーマニズムと深く関わってきている。アジアとヨーロッパを繋ぐ「ユーラシアン・エコーズ」は日本・韓国・シンガポールで実施、福岡アジア美術館の開館記念・座高円寺での「オンバク・ヒタム」のプロデュースも行っている。1994年アヴィニオンの国際コントラバス祭に招かれ、この頃から頻繁にヨーロッパに行き、ミッシェル・ドネダ、バール・フィリップスらと演奏を展開。神奈川フィル委嘱で2つの二重協奏曲を作曲、演奏。NHKで「即興」に関する5番組制作。ダンス審査員、上智大学・早稲田大学などで講義、障がい者との共演・ワークショップを行っている。世界各国でのコントラバス祭に招待されワークショップや演奏を行う。2007年個人レーベル「トラヴェシア」を創設。20枚のCD、DVDを発表。
14:00~17:00
参加費1,500円+1オーダー
3月23日(金) 斎藤徹
広島 春の旅 2018


徹&オサムのコラボレーション「はなひらくやう」
斉藤徹ソロ(コントラバス)+大槻オサム(ダンス・朗読)のコラボ

斎藤徹
東京生まれ。ダンス、舞踏、演劇、美術、映像、詩、書、邦楽、雅楽、能楽、西洋クラシック音楽、現代音楽、アストル・ピアソラなどタンゴ、ジャズ、即興音楽、韓国やアジアのシャーマニズムと深く関わってきている。アジアとヨーロッパを繋ぐ「ユーラシアン・エコーズ」は日本・韓国・シンガポールで実施、福岡アジア美術館の開館記念・座高円寺での「オンバク・ヒタム」のプロデュースも行っている。1994年アヴィニオンの国際コントラバス祭に招かれ、この頃から頻繁にヨーロッパに行き、ミッシェル・ドネダ、バール・フィリップスらと演奏を展開。神奈川フィル委嘱で2つの二重協奏曲を作曲、演奏。NHKで「即興」に関する5番組制作。ダンス審査員、上智大学・早稲田大学などで講義、障がい者との共演・ワークショップを行っている。世界各国でのコントラバス祭に招待されワークショップや演奏を行う。2007年個人レーベル「トラヴェシア」を創設。20枚のCD、DVDを発表。
開場 19:00 開演 19:30
2,500円+1ドリンク(500円)
3月6日(火) ワタナベマモル
新曲発表の旅 in アビエルト


ワタナベマモル
1983年キングレコードよりデビュー。自身のレーベルを設立。MAGIC TONE RECORDSの立ち上げ等、一貫して自由にR&Rを追求し続ける、人呼んで日本最高のパブロッカー!

ACT : THE KAZEASHI
開場 19:00 開演 20:00
チケット2,000円+1ドリンク(500円)
3月2日(金) 第13回インプロバー
近藤直司 Sax Solo Live


アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
第13回目の「インプロバー」はゲストに近藤直司氏をお迎えし、ソロライブの後、参加者との即興セッションを開催します。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム・川口賢哉

≪ゲスト≫ 近藤直司
1962年、東京都出身。1980年頃より、のなか悟空(ds)、川下直広(ts)らによる新宿中央公園での路上演奏に参加。1984年、不破大輔(b)、大沼志朗(ds)とトリオを結成し、1986年、「ライブ・アット・タルホ」(タルホ・ファーム)を制作。1985年から「のなか悟空&人間国宝」のメンバーとして活動。おもな活動歴は以下。JOLLY(チョコレート・シティ、1989)。DULL(トランジスター・レコード、1991)。DUMP(タルホ・ファーム、1992)。OVER DRIVE(地底レコード、1997)。1998年ロシア、サンクト・ペテルスブルグ、サルゲイ・クリューヒン国際音楽祭。1999年ドイツ、メルス・ジャズ祭。2008年4月、原田依幸(p)が主催する「大怪物団」のメンバーとして韓国ツアーに参加。2009年10月、原田とのデュオでロシア、リトアニアをツアー。リトアニアではVilnius Jazz 2009に出演。2014年8月、原田、瀬尾高志(b)、小山彰太(ds)、近藤から成る「魚群探知機」で北海道ツアー。2016年5月、永田利樹(b)、瀬尾高志(b)とのトリオで、CD「petite fleur」、LP「desireless」を発表。
開演 19:30
投銭ライブ+1オーダー 見学のみも可
2月19日(月) 第12回インプロバー
浮浪囃子


アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
第12回目の「インプロバー」は多彩なゲスト満載の豪華版で開催します。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム、川口賢哉

≪ゲスト≫ デカルコ・マリィ、福田展博、コミ・エリ、山咲みみ、鏡野有栖 ほか
開場 19:30 開演 20:00
参加費1,000円+1オーダー 見学のみも可
2月18日(日) Abierto meeting vol.1

隣雅夫/key
川口賢哉/法竹、地無し尺八
玉響海月/electronics,perc
開場 19:00 開演 19:30
charge 1,000円+1ドリンク
1月28日(日) 第11回インプロバー

アビエルトで毎月開催している即興セッションのゆうべです。音楽、美術、ダンス、演劇、その他なんでも、経験・ジャンル不問。自由参加、見学だけでもOKです。
第11回目の「インプロバー」は寺内大輔氏を講師に向かえて即興ワークショップ月!即興表現の面白さを探検してみましょう。WSの後は寺内氏を交えていつものように自由参加の即興セッション。新たな発見と防円のは旅へ。
どうぞお気軽にご参加ください。


≪ナビゲーター≫ 大槻オサム・川口賢哉

≪ゲスト≫ 寺内大輔
作曲家、即興演奏家、博士(芸術工学)、広島大学教育学研究科准教授、日本音楽即興学会理事。
手がけてきた音楽は、室内楽、パフォーマンス作品、即興演奏、校歌など、多岐に渡る。これまで、日本を含む12か国で作品発表や演奏を行い、CD、楽譜点数も国内外で出版されている。
即興音楽家としては、声を中心とした様々な楽器の持ち替えによるスタイルで、コンサートホールのみならず、クラブや美術館、路上にいたるまで様々な場所での演奏を行ってきた。また、西洋音楽、邦楽、インド音楽、コンピュータ音楽など、様々なバックグラウンドを持つ音楽家や、ダンサー、詩人、書道家、ファッションデザイナー、映像作家など音楽以外の様々なほ表現者とも積極的に共演している。
http://dterauchi.com
15:00~17:00
寺内大輔 即興ワークショップ(参加費1,000円)
18:00~20:00
フリーセッション
参加費無料・要1オーダー・ジャンル経験不問・自由参加OK・見学のみOK
1月15日(月)

1月28日(日)
宮原千恵 rahachie
この展示は個展だったはず


絵描きの宮原千恵さんの「個展」のはずが、会期中に別の作家さんの作品も追加されていってコラボしながら変化増殖していくという企画です。
会期中に何度か足を運んでぜひ変化をお楽しみください。
1月21日(日)には、毎月のインプロBARから生まれたユニット「上八木IBM」で作品とコラボします!


宮原千恵 rahachie
1998年より油彩をはじめる。新協美術会会友。みやざきすうじ氏に師事。子ども絵画教室chienowa主催。
絵画は自己表現の手段、コミュニケーションの一部として考えてます。
時に感動して迷い、傷つき、喜び、悲しみ、心をふるわせ湧き上がる感情を私が生きた証として記録したいと日々制作してます。
宮原千恵 個展
1月15日(月)~1月28日(日)12:00~20:00 (水曜日定休)
上八木IBM コラボ
1月21日(日)15:00スタート (投銭)
1月13日(土) 山谷 やられたらやりかえせ
上映会


1月13日は毎年山岡監督の命日にあわせて「山谷 やられたらやりかえせ」の上映会です。今年は佐藤零郎監督が釜ケ崎を舞台に撮影した新作劇映画「月夜釜合戦」も同時上映いたします。
16:00 山谷~やられたらやりかえせ
18:30 月夜釜合戦
合間に2本の映画をめぐるトークショーもあります。


山谷 やられたらやりかえせ
監督:佐藤満夫・山岡強一/1985年/カラー/16mm
1984年12月22日、監督・佐藤満夫は、山谷の路上で天皇主義右翼ヤクザに刺殺された。この映画が完成した直後の1986年1月13日後継監督・山岡強一は、同じく天皇主義右翼ヤクザによって新宿路上で射殺された。あれから三十余年、日本社会はこのドキュメンタリーが予感したような醜悪な姿を晒している。

月夜釜合戦
監督:佐藤零郎/2017年/115分/カラー/16mm
寄ってらっしゃい観てらっしゃい!ただただ難儀なこのご時世に、観ては益ナシ損もナシ!ふらりと立ち寄るもまた一興!手前取り出したるは大阪生まれの人情喜劇、「月夜釜合戦」「Kamagasaki-War of Caldrons」!舞台はアベノハルカス、坂を下りて、行きつく際は釜ヶ崎。飛田遊郭しきる、釜足組の大事な大事な代紋彫られたお釜も盃、流浪の芸人逸見にこっそり盗まれた。チンピラたちは大わらわ!
16:00 山谷 やられたらやりかえせ
18:30 月夜釜合戦
入場料 1,200円
1月7日(日) 谷本仰 ソロダイアローグス

CDレコ初 広島ツアー
アビエルトでは、即興ワークショップもあります。WSは堅苦しいものではありませんので即興初心者の方も気軽にご参加ください。
トークの面白さも定評のある谷本さんなので即興体験も含めて楽しいこと間違いなしです。
そして正月ボケを吹き飛ばしてバッチリ目が醒めること請け合いのLIVEをお楽しみに。LIVEは即興だけでなく曲の演奏もあります。
楽器じゃないものの演奏もあります^^
エレキとアコースティックのヴァイオリンで、まあとにかくウオッーってなったり、クスッとしたり、ウルッとしたり、ムズムズしたりする、そんなLIVEです。


谷本仰
1963年生まれ、大阪出身、小倉在住。ヴァイオリン(アコースティック/エレクトリック)、歌、声、鳴り物ほか。即興、ロック、タンゴなど多種多様なバンド・ユニットでの演奏のほか、演劇、アート、映像、ダンス等、様々なフィールドの表現者とも共演。オリジナル作品と即興を中心にエフェクトも駆使するソロライブプロジェクト“Solo Dialogues”のNewCD発売記念広島LIVEツアー!ますます深く、広く、自由に駆ける谷本ワールド、必聴です!
即興WS 17:00~(参加費500円)
LIVE 開場:19:00 開演:19:30
予約2,500円 当日3,000円 1ドリンク付
WSから通しでLIVEご来場の方はLIVE500円割引、つまりあわせて2,500円とお得です。

 

このページのトップへ

広島県広島市安佐南区
八木9丁目10-40
TEL 082-873-6068

イベント

 音楽・芝居・展示や

 その他イベントを

 開催しております。

カフェ

 不定期で営業中!

 

フェイスブック

~お勧めサイト~

 

三宅伸治オフィシャルホームページ
三宅伸治 オフィシャルサイト